【明早戦】徹底解説「新国立競技場と明治大学」

こんにちは!!!明治大学情報局です!!

今回は、昨日行われました大学選手権決勝について、記事にしました!!

この記事を読むと

✅ 国立競技場のおすすめ観戦場所がわかります!

 57345人が来場した理由がわかります!

✅ 明早戦が10倍楽しく観戦できます!

明治大学 ラグビー部 準優勝

最初に

皆さんこんにちは!

明大生に価値ある情報を届ける

明治大学情報局です!

皆さんは先日の明早戦ご覧になりましたか?

先日、明治大学情報局はこのようなツイートをしました。

するとこんな引用リツイートが、

最初、早明戦と記事で書きましたが、皆様の声を反映するべく、、、

明治大学情報局では

早明戦ではなく、

明早戦と呼びます!

最後までご覧下さい!

スポンサードサーチ

第56回全国大学選手権

2020年1月11日に、大学選手権決勝が行われ、明治大学が35-45で、敗れたのは、ご存知の方は多いと思います。

新・国立競技場

早明戦 ラグビー

今回の大学選手権の決勝は、国立競技場で行われました!!

嵐とドリカムなどが盛り上げた 『国立競技場オープニングイベント ~HELLO, OUR STADIUM~』 、サッカーの天皇杯決勝に次いで、三回目のイベント開催になりました!!!

嵐、サッカー、明治!??

ということになりました。

そんな会場で、チケット完売の大盛りあがりになりました!!!

早明戦 完売

入場者数は、

57345人

半端ない数字です。

早明戦 入場者数
この数字の背景には、3つあります!!

伝統の明早戦であること

新国立競技場で、初のラグビーの試合であること

ラグビーワールドカップ2019が行われたこと

スポンサードサーチ

野球の早慶戦、ラグビーの明早戦

明早戦は、1911年から

対抗戦の成績は、明治が39勝54敗2分、大学選手権の決勝は、明治の8勝6敗。決勝での対戦は9度あり、6勝3敗。

対抗戦は、1943年、1944年、1945年の三年間を除き、毎年12月の第一日曜日に行われています!

これは凄い㊙情報!

✅1941年は、真珠湾攻撃の前日に行われた!

1982年に行われたカードでは、66999人が来場!

明大ラグビー部は、明早戦と言わず早明戦と言う。(情報局は、明早戦)

スポンサードサーチ

国立の初試合が、伝統の明早戦

国立競技場での、初めてのラグビーの試合は、トップリーグ(社会人プロラグビー)でも、『ONE TEAM』で知られる日本代表でもなく、大学生の試合になりました!!

国立競技場の7割は、明大ファン!?

今回の試合で、明治大学の凄さを改めて感じました!!

試合前、両校の校歌斉唱の場面がありました。

まず、初めに早稲田大学の校歌からです。
スタジアム内、早稲田OB・OG、早稲田ファンが立ち、歌いました。

続いて、明治大学の校歌。

スタンドから、多くの人が立ちました。(主観的に、6~7割はいたと思います。)

『白雲なびく駿河台、眉秀でたる若人が~~♪』

国立競技場に、明治大学の校歌が響き渡りました!!
(在校生も歌えるようにしとくと、10倍楽しめると思います!)

試合中にも、多くの明治コールが!!

『明治、明治、明治』

選手にも、この声援に応えるように、トライを決めていました!!!

スポンサードサーチ

国立競技場の現地レポート

通路が狭く、階段がない!

国立競技場に、実際に行ってみて思ったことが、まずこの二つ!

➀通路は、一人しか通ることができない幅!すれ違おうとすると肩と肩がぶつかる狭さでした!!

➁私は、三階のスタンドで観戦したのですが、入場ゲートから三階に上がれる階段は、なんと1つだけ!!そして、その階段も狭い!!(笑)

個人的に、椅子の前にある手すりが好き!

席に着いた時に、イスの前に、鉄の手すりがありました!
最初、これ邪魔だなと思ってましたが、試合を見てるうちに、気持ちが変化!!

手すりは肘置きとして、フィットしてとても快適に観戦することができました!

国立の観戦おススメ場所は、三階のメインスタンド!?

これは、断言できます!!ラグビーをしっかり見たい人は、三階のメインスタンドがおすすめです!!!

ゴール裏は、トラックがあり遠く、後ろからしか見えないため、少し見にくいと感じました!!

スポンサードサーチ

ラグビーワールドカップ効果で、『にわか』ファンも多数!?

昨年、行われたラグビーワールドカップ日本大会で、

ラグビーをご覧になった人が多いと思います!

そんな『にわか』ラグビーファンの中には、

両校のOB・OGも多くいたと思います!

ラグビー観に行きたい!

と思った時に、自分の母校の試合があれば、

見に行きたくなりますよね!!!

スポンサードサーチ

最後に

伝統の明早戦×新国立競技場×ラグビーワールドカップ

今回の戦いは、歴史ある明治大学と早稲田大学の戦いであり、

新国立競技場の初のラグビーの試合、

ラグビワールドカップ明けの試合という、

奇跡的な組み合わせで行われた試合でした!!!

記事をご覧になっている人の中には、

チケットが手に入らなかった人も多くいると思います。

しかし、毎年行われるのが明早戦!来シーズンは、観戦に行きましょう!

明大校歌を覚えておくと一層楽しくみることができると思います!
(筆者は、カラオケの締めでよく歌っています。)

その他の人気記事もご覧下さい!!

各種SNSでシェアしてください!