【オンライン授業】賛否わかれるPC貸出について。明暗わけた明治/明学

速報です!明治学院大学が5万円支給を決定しました!

明治大学も負けていません。今回は明治大学のコロナ対応・オンライン授業とパソコン貸し出しについてまとめてみました。

この記事を読むと
✅明治大学の学生への手当について知れる

✅パソコン・通信関係機器貸し出しの概要がわかる

✅明治大学と明治学院大学の対応の違いがわかる

明治“学院”大学の対応

いきなり明治についてじゃなくてごめんなさい

明治大学を見る前に他の大学がどんな新型コロナウイルス対応をしているのか知ってほしいんです

まず明治大学を見る前に、その英断といえる対応で一躍ネットニュースに躍り出た明治学院大学を見てみましょう。

こちらの明治学院の対応、ネット上では絶賛の声が上がっています。

明治学院大学
1.インターネット環境の準備費用として、在学生全員(大学生・大学院生計1万2千人)に1人あたり一律50,000円を支給

2.新型コロナウイルスの影響で、雇用の喪失や収入の急どにより家計が急変し、勉学の継続に支障をきたした方を対象に、特別な奨学金による救済措置を検討

3.2020年度春学期学納金の納入について、納入期限を約1か月延長(場合によっては再度の延長も))

明治学院大学ホームページより


明治学院大学の学生による署名活動を受けてのものと思われるこの対応ですが、まとめると、オンライン授業準備に関して

✅全学生・院生に5万円支給

✅特別な奨学金による救済措置

✅学費納入期限延期

となっております。

また詳細を述べると、4つ目の項目として、授業料・施設費・設備費については現時点での減額はないとのことですが、

上記計3項目に関しては、優れた対応として評価する声が上がっています。

明治学院大学、素晴らしい!(Twitterより)

さすが明学!(Twitterより)

スポンサードサーチ

明治大学の対応

明治学院大学の50,000円支給発表の翌日、明治大学は、新型コロナウイルス対応として、オンライン授業に関して、

✅ノートパソコンとWi-Fiルータ(通信費含む)の無償貸与

を決定しました。

まず明治大学のこの対応について、

新型コロナウイルス及び感染拡大に伴う経済的損失が学生や学生の家庭に及ぼす影響を認知し、オンライン授業を見据えて

比較的素早い対応をとったことについては賞賛に値すると思います。

いや~それほどでも~

現状、新型コロナウイルスの影響によりアルバイトが減った・なくなった(親の収入に関しても同様)ことによって、

学費納入が困難になっている学生の存在が推定されます。

また、親元を離れて一人暮らしをしている学生については、家賃支払いが厳しい、生活費が足りないといった現状もあります。

これを受けて、パソコンや通信環境を整備するのにさらに経済的負担がかかるので、

これを支援するためにパソコン・Wi-Fiルータの貸与を行うというのは、一定程度効果的な対策だと思います。

学生の現状

実際、学生団体「高等教育無償化プロジェクトFREE」がインターネットで実施した調査によると、

◆新型コロナウイルスの影響を受けてアルバイト収入が減った、または無くなった学生の割合は6割に及び、親の収入が無くなった・減った学生も約4割に上った

とのことです。


印象的なのは、調査に答えた学生の13人に1人が、退学を視野に入れているという調査結果です。

このニュースは非常に話題を呼んでいますし、新型コロナウイルスの影響をとらえた実験結果として各種報道機関でも取り上げられていますのご覧になった方もいるでしょう。


こういった状況下で公表された明治学院大学の全学生への50,000円支給・学費納入期限延期という対応は、

他の大学に比較して、非常に迅速かつ学生が置かれている状況を把握した賞賛すべき対応でしょう。

次に、新型コロナを受けての明治大学の学生支援を見ていきましょう

明治大学対応まとめ

明治大学の対応としては、

明治大学の対応
✅ノートパソコン 

✅Wi-Fiルータ

の現物貸与により速やかなオンライン授業対応が可能

という点で、ある程度の効果は期待できます。

スポンサードサーチ

明治大学の対応への疑問


しかし、

ここにタイトル
①貸与対象のパソコン・Wi-Fiルータの数に限りがある

②貸与条件がある

③貸与申し込み期間が短い

という課題があり、いずれにしても

「数的限度・貸与条件・貸与希望理由記載等の制約により、希望者全員に行き渡らない可能性がある」

ということを意識しておく必要があります。

これは、オンライン授業の準備費用として在学生全員に一律50,000円の支給を決定した明治学院大学と比較すると、どうしても限定的な処置と言わざるをえません。

実際、学生の間でも

中途半端だな

抽選はずれた人はどうなるの?

といった悲痛な叫びを耳にします。

今回のパソコン・Wi-Fiルータ貸与はまだ新型コロナウイルス対応の一過程に過ぎないでしょう。

オンライン授業に関しても、オンライン授業マニュアル(学生用)での発表もありますし

学費や施設費・設備費等についても、明治大学でも学費減額運動が行われているということもあり、通常どおりにしても減額にしても何らかの発表は予想されます。

混乱は学生間だけでなく当然大学側にもあることですので、今後も大学の発表に注意を向ける必要があります。

続報を待て

スポンサードサーチ

パソコン等貸与希望者へ

なお、新型コロナウイルスの対応として明治大学が計画しているオンライン授業を受講するうえで、

●オンライン授業に対応できるWi-Fi設備がない

●自宅にパソコンやタブレットがなく、スマホだけでの通信に不安のある人

など大学のパソコン・Wi-Fiルータの貸与を希望する方は、Oh-o! Meijiにて貸与条件等の詳細をご確認ください。

詳しくは O-oh!Meiji で!

なお申込期間は4月22日~24日(金)15時までとかなり短い期間ですので、

希望者の方はなるべくお早めに申請することをお勧めします。

貸与希望の方はこちらのアンケート「オンライン授業に伴うパソコン及びWi-Fiルータ貸与希望調査」に回答し、

おしらせの欄から「オンライン授業に伴うパソコン及びWi-Fiルータの貸与について」に入り、添付されている申し込み書をご記入ください!

オンライン授業については同じくO-oh!Meijiの「オンライン授業マニュアル」が公開されていますので、そちらをご覧ください。

まとめ
✅明治“学院”大学、在学生全員に50,000円支給・学費納入期限延期

✅明治大学、新型コロナウイルス対応の環境としてパソコン・Wi-Fiルータ貸与

✅貸与条件・貸与希望者の選考あり

✅申込期間は4月22日~4月24日15時まで!お早めに!)


明治大学生一丸となって新型コロナを乗り越えていきましょう!

こちらの記事も見てみてください。

各種SNSでシェアしてください!