1億円が手に入るビジコン?明治大学生【必見】のHult Prizeとは?!

今日は何の記事だワン?

今回は一億円がプレゼント?!されるビジネスコンテスト「Hult Prize」について紹介だ!最後まで見てくれよな!

信頼性の担保:

この記事は明治大学、「Hult Prize」の稲村さんにインタビューして記事を作成しました。

この記事を読むと・・・

①一億円が手に入る方法が分かります。

②世界でも大人気の「Hult Prize(ビジネスコンテスト)」について知ることができます。

③大学生活に何をしていけばいいかが、分かります。

スポンサードサーチ

最初に

紅葉の秋、食欲の秋、情報局の秋ですよ。

こんにちは!明治大学情報局です!

今回は世界121カもの国から100万人も参加しているビジネスコンテスト「Hult Prize」についてご紹介します!
世界では100万人規模の人数が参加しておりますが、依然日本では認知度が低く、ましてや「明治大学」の認知度は皆無。

今回はそんな明治大学において知名度ゼロ(;´Д`)の「Hult Prize」を

「明治大学に広めたい!」

そんな思いをもった、

明治大学国際日本学部一年の【稲村さん】にインタビューさせていただきました。
彼の思いを、彼の熱意を、彼の活動をぜひ知ってください!
最後までご覧ください!

スポンサードサーチ

Hult Prize【稲村さん】ご紹介

はにかむ稲村さん、かわいい

はじめましてこんにちワン!!明治大学情報局だワン!!

こんにちは!明治大学でHult Prizeの運営をしている、稲村と申します!本日はよろしくお願いします!

稲村さんは、明治大学国際日本学部 1年生

現在、Hult Prize明治大学運営代表として日々尽力している。

まずそもそもHult Prizeってなんだワン?おいしいワン?

スポンサードサーチ

Hult Prizeとは?

まず明治大学では聞かない言葉だと思います(笑)
簡単に言いますと、Hult Prizeとは
「世界規模の社会課題を解決するための、学生たちのビジネスコンテスト」です!

Hult Prize(公式見解によると・・・)とは、

「インスピレーションと知識、トレーニングを与え、社会問題を持続的に解決するスタートアップを創出することを目的に2009年に設立されたHult Prize Foundationが、大学および大学院生を対象に、その起業アイデアに対して投資の機会を与えるプログラムとしてスタートしたもの」

-prize-japan/より引用

難しそうなビジネスコンテストだワン…

難しく考えすぎないでください(笑)
社会課題をデモなどでただ「批判」するのではなく、社会課題を本当の意味で「解決」する為にはを考え抜いたのが「Hult Prize」なのです!

しかも優勝賞金はなんと「一億円」ですよ?!
実践的かつ、金銭的な面でのサポートが手厚いです!

最近じゃ環境問題などは深刻視されてるワン~
それを解決しようとするのが「Hult Prize」なわけワンね。

スポンサードサーチ

Hult Prizeオンキャンパスプログラム(明治)の活動

Hult Prizeオンキャンパスプログラム(明治)とは明治大学でHult Prizeをやるときの名前ワンね!
現在はどのような活動を行っているワン?

9-12月:

⇒学内選考期間⇒明治大学内での大会(12/8)で選抜する。

11月9日:中野キャンパスでのワークショップが開催

⇒商学部森永教授指導の下、「環境問題」について話していただきます!教授が動くことはなかなかないと思うので、珍しい機会だと思います!
めっちゃ本格的だワン!

11月16日:ブレーンストーミング大会(?)

⇒三人一組で意見を出し合っていき、自分たちのチームの方向性を決めていく!

今現在、チームを編成し練習に移ろうとする期間でして、「準備段階」という位置づけです!
3人1組のチーム編成を組み、今後を見据えていく次第です!

3~4月

⇒「リージョナルサミット」というものが開催されます!

優勝チームは世界30都市に移動し、地域予選に参加することが可能です

現に、北海道大学はリージョナルサミットで優勝していて、日本もこれから活躍することが期待される。

7月~8月

⇒「アクセラレータープログラム」を開催!

6週間にも及ぶハードスケジュールでアイデアをブラッシュアップ!チームで合宿します!多くの期間を同じ仲間と同じ目標で目指すので、「絆」が生まれます!

9月

⇒アクセラレータープログラムで一気にチームが6チームに絞られる

⇒日本のチームは今までにこの6チームに残ったことがない!

⇒優勝チーム100万ドル(一億円)

スポンサードサーチ

Hult Prizeの難しいところは? 

英語ぅおおおおおおお!!!!!

発表する人が「英語で発表」しなくてはいけないということ!

英語で発表?!無理だわん?!?!

でも待ってください!2つ妥協点があります!

妥協点?!

「英語の添削をしてもらえる」

1つめが、本部で「英語の添削をしてもらえる」ということです

英語を学びたい人、英語を将来使いたいと考えている人は

Hult Prizeに参加して「英語を学び取る」ことが出来ます!

もしスピーチ用の本格的な英語を学びたい人がいたらHult Prizeは向いているかもしれません!

「発表する人だけが英語を喋れればいい」

2つ目は、「発表する人だけが英語を喋れればいい」ということです。 ってことは…
考える人は「英語を喋れなくてもいい」訳ですね(笑)

3人1組なので、1人でも英語が喋れればHult Prizeには参加可能という訳です!

そう聞くと留学生さえ連れてきて、アイデアさえ出せば行けそうだワン!

スポンサードサーチ

世界でのHult Prizeと明治でのHult Prizeの規模感は?

Hult Prizeは2009年に始動。121カ国から100万人もの出場者がいる。世界で初めて有名なビジネスコンテストとなっている。

Hult Prize明治支部では、なんと固定メンバー6人が全員1年生!!!

他団体にも協力してもらって現在活動している。

⇒明治大学はゼミの先生に手を借りている。3-4チームをゼミ生などから作り上げ、固定メンバー合わせ、合計30~40人で現在活動。

ほぼサークルとか学生団体レベルだワン…大規模化するのも時間の問題だワンね(笑)

スポンサードサーチ

Hult Prizeの実績は?

優勝の際のイメージ画像

Rutopia」というメキシコのチームが昨年優勝。若者の雇用を増やすという目的で、観光に着目。見事100万ドル(一億円)がプレゼントされた。

その後Airbnbと提携し、本当にビジネスに落とし込む予定とのこと。

日本では地域予選である、リージョナルサミットに北海道大学が優勝。

アクアモウ(AQUAMOU)というものがチームが入念な準備と研ぎ澄まされた計画によって日本における強豪校と熾烈な争いを繰り広げ、見事優勝を果たし、全世界の地域代表40チームの一つに選ばれるという快挙を成し遂げた。

明治大学も実績を残したいワンね!

スポンサードサーチ

Hult Prizeに参加したきっかけは?

稲村さん!!!か、、かっこいい、、、!

僕的にムカついていることがありまして(笑)
親が言ってたんですよね、自然破壊のニュースを見て「地球大変になっているとき私たちいないし別にどうでもいいよね。」
⇒いや俺いるんやが…ってなりました(笑)

人生100年時代です。今良かったとしても、50年後はどうなっているか分かりません。

「解決策ねえかな??」って思ったのがHult Prize出場のきっかけです!

自分一人では何をしようとも大きな地球の問題を変えることは不可能なので、世界規模で開催されているビジネスコンテストに出場し、自分の住む地球が少しでもいい方向に進んでいけたらいいなと思っております!

Hult Prizeをやるきっかけはなんでもいいと思います!社会問題、環境問題、お金が欲しい、何でもいいです。その想いが行動に転換されます!

「社会問題を学生に考えてもらいたい」誰しもが「よくわかんねえな」って思ってるはずです。誰しもが「なんとなく」になっていると思います。

調べるだけでイメージが変わります。世界で起きている知らなかったことを知ることが出来ます。

オイラもビジネスコンテスト出場したことあるけど、全く知らない分野でもたくさん調べるうちに自分の知識になっているワン!

スポンサードサーチ

Hult Prizeの今後の活動は?

次へと向かうHult Prizeオンキャンパスプログラム(明治)

Hult Prizeオンキャンパスプログラム(明治)では、今後とも皆さんの参加を募集して、大会に向けて頑張っていく次第です!

先ほども言いました通り、去年リージョナルで北海道大学が優勝したのですが、それでも最後の6チームには日本のチームは残ったことが今まで1度もありません、、

ビジネスコンテストは今まで知れなかったことを沢山教えてくれる環境ですし、自分の領域が広がる場所です。今やりたいこと、したいこと見つかってない人は是非ともHult Prizeオンキャンパスプログラムにお声をかけて下さると嬉しいです!

みんなで世界一を目指しませんか?
それに、優勝賞金は

1億円ですよ?!

もう大学行かなくていいワンね!金利だけで人生勝ちゲームだワン!複利の力!複利の力!

ま、まぁ確かにそうですね、大学生からしたら夢がありますよね(笑)
ハルトプライズは世界が困っている社会問題を解決するだけではなくて、あなたの今困っていることも解決してくれるビジネスコンテストなんですね!!

スポンサードサーチ

Hultprize【稲村】さんの一言

先程も言いましたが、いままで日本のチームが上位六チームにくい込んだことがありません。

もしかするとそれは英語を必要とする為にハードルが高いからかもしれないですね。

でも大学には英語を学べる環境が沢山ありますし、英語を話せる人が沢山います。

環境や、人をうまく利用することで、どんなに現段階で英語が話せなくても出場し食い込むことはできます!

そこまで、敷居の高いものと認識しないでほしいですし!気軽に来てください!

Hult Prizeに参加する希望像というとこんなかたちでしょうか。

①一億円が欲しい人

②英語の練習をしたい人

③大学生活生活何をすればいいのか分からない人

④ビジネスコンテストに興味がある人

⑤英語でプレゼンしてみたい人

一億円に魅了されてやってみた!でも最初はいいと思いますし、本当に社会問題や環境問題に向き合いたいと思っている人は、是非とも打ち込んでほしいビジネスコンテストです!

こちらHult PrizeオンキャンパスプログラムのTwitterとHPです!ご覧ください!

公式サイト

この投稿をInstagramで見る

‼️‼️注目‼️‼️ Hello change makers 😆 なんと!!HultPrize 第3期募集開始のお知らせです!! 明大祭を経て多くの学部から、詳細を知りたい、参加してみたいとの声が集まり、最後の募集を行うことに決定しました‼️ * 大学時代に何か挑戦してみたい、海外に行きたい、なんだかわからないけどちょっと面白そう…って思っている方!HultPrizeについてもっと知ってみませんか??個別での相談も随時行っています!もちろんDMでも大丈夫! * 応募期間は 11/8(金)〜11/30(土)23:59まで!! これが最後の募集となります!! このチャンスを逃さないように‼️ 応募は、プロフィール欄の公式サイトからお願いします! * * 質問等ありましたら、お気軽にDMやコメントください!! * #hultprize #hp20 #hultprizejapan

HULT PRIZE ~Meiji University~(@hultprize_meiji)がシェアした投稿 –

スポンサードサーチ

最後に

今回は、世界では有名だけど、明治大学ではあまり有名ではないHult Prizeといいうビジネスコンテストを取り上げてみました!

優勝賞金一億円にはロマンがありますね!

お金以外にも、例えば、ビジネスコンテストを通して身につく思考や考え方、知識は一生ものになります。ましてや、一年間もビジコンに打ち込むのですから絶対に自分の血肉になるはずです。すこしでも興味がある人は参加してほしいと思います!

ビジコンに参加したことがあるからこそわかるのは、チームで一つの目標に向かって物事を達成することや物事について沢山調べ身につく知識、その他もろもろは今後の自分の宝になっていくと思います。
是非とも参加してみてください!

オススメの記事です!ビジネスコンテストですよ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://meiji-jouhoukyoku.com/2019/10/31/academicfes2019bizinesukonntesuto/
友だち追加
ライター募集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして!明治大学情報局です! このサイトでは【明治大学生】にブログやSNSで情報を発信することで、 明大生に本質的な価値を提供すべく活動しております! 多くの記事を見てくれると嬉しいです! よかったらTwitter、Instagram等フォローしていただけると幸いです!