映像制作!仕事のあれこれ!

映像制作!仕事のあれこれ!

1.映像制作ってどうやるの?

映像集団鵺(ぬえ)です。
本サークルは映像制作を行うサークルです。
映画、MV、映像作品などなど、一口に映像制作といっても色々ありますよね?
スマホ一台での撮影から、大勢のエキストラを呼ぶような撮影まで、鵺でも様々な撮影を行っています。
基本的に必要な人員としては監督、カメラマン、被写体です。監督がカメラマンを兼任すれば更に必要な人員は削れます。
しかし、規模の大きい作品を作ろうとしたり、高い作品の質を求めたりする場合はそういう訳にはいきません。
より多くの役職で制作を支えていくのです。
今回はその役職について、使用する機材等を併せて紹介していきます。
鵺(ぬえ)に入会する人のほとんどが未経験者です。今回の記事で書いたのは最終的に求められる姿なので気負わずに見てくださいね。

2.監督

鵺で行っている映像制作は、基本的に依頼主がいるわけではなく、あくまで”自主”制作です。
そうなると中心になってくるのは作りたいものがある人、つまり監督が主体となって動くことになります。
脚本や頭の中にある映像(作りたいもの)と合ったものを撮るために、脚本を書いた人が監督を務めるという形式がスタンダードです(脚本と監督が別な場合もあります)。
監督は、脚本や頭の中にあるものを映像に起こすために現場の指揮を行います。
配役やロケハン、衣装合わせなどの事前準備から撮影、場合によっては編集まで、頭の中にある映像を実現に近づけていきます。
監督の撮りたいものが明確であれば撮影現場でのスタッフの動きもはっきりとしてきます。監督の技量が撮影現場を左右すると言っても過言ではありません。
意図したものと近いものを作るために監督本人がカメラや編集など監督以外の役職を担う場合もあります。
鵺(ぬえ)では1年生から監督を務めることが出来ます。

3.助監督

助監督は事務面や作品の内容についてなど様々な面で監督の補助的な役割を果たします。
主にスタッフ集めや日程調整など事務的な役割を務め、監督の負担を軽減します。
脚本や演出段階から助監督が関わることもあり、作品の質を高めるのに一役買っています。
助監督を付けずに、助監督のやる仕事もまとめてこなす監督もいます。

4.カメラマン

監督の頭の中にある映像を書き起こす役割を果たします。
監督に求められた映像を引き出すこと、また、監督に映像の引き出し(選択肢)を与える役回りです。
最終的には監督の意図を正確に汲んで表現する技能が求められます。
初心者でも一から教えるので安心してください!

5.編集

撮影した映像を繋げ、作品を作り上げるという制作側が作品に直接かかわることのできる最後の仕事、仕上げです。世に出す一歩手前の仕事でありながら編集者独りで戦わなければならないので、ある意味では撮影より大変な作業かもしれません。
ただ繋げるだけではなく、繋げるタイミング、音や色の調整、撮影時のミスのカバー、更には細かい映像的演出まで、多岐に渡る仕事になります。編集の知識と技術によって作品の幅は広がるのです。
映像を繋ぐ、切り替えるタイミング等諸々を調整する際に監督との齟齬が出ることがあるので、監督が編集を務めることも多いです。
編集を終え、作品が完成するといよいよ公開となります。

6.音声

いかに良い音をとるのか、いかにカメラや役者の邪魔にならないようにするかが重要なこの役職。
音声機材、特に声だけではなく、環境音や足音などを含む音を拾うガンマイクは撮影中カメラに映りそうになることもしばしば、的確にマイクを準備する位置と、良い音をとれる位置を把握し、移動する必要があります。
役者のセリフをメインで録音するピンマイクは、衣擦れ音や心臓の鼓動が入らないように気を付けて服に張り付ける必要があり、さらに、カメラに映る心配もしなくてはなりません。
編集時に音が変だと編集作業の手間が増えてしまうので、編集のことを考えながら録音することも求められます。
他の役職との兼ね合いを考えながら丁寧に作業をします。

7.照明

暗いから明るくする、これだけが照明の仕事ではありません。照明は画面の中の空気感を作り出す役割を果たします。作品の質感や、シーンごとの質感など表現によって色味や光量を調整します。また、それだけではなく、演出的な役割を務めることもあります。陰影によって役者の表情の表現を増幅させたり、影の配置によって画を美しく見せたり、意味を持たせたりするなど、作品の表現の幅を広げる、それが照明のお仕事なのです。

8.サウンドトラック

音楽が観客に与える影響というのは大きいもので、シーンごとや作品ごとのイメージを作りあげる重要な要素です。
鵺で制作する映像には音楽が無いものも多いですが、『鵺映画音楽制作部』が2021年度に発足したので、今後、音楽を使った映像が鵺(ぬえ)でも増えていくのではないかと思います。

9.機材

ここまで紹介してきた役職が使用している機材を紹介します。
・カメラ(Panasonic Lumix GH5Ⅱ)
・ジンバル(DJI Ronin-SC)
・照明(Falcon Eyes SO-28TD)
・ガンマイク(Sennheiser MKE600)
・ピンマイク(RODE Wireless GoⅡ)

10.役者

 鵺(ぬえ)ではサークル員が役者として映画や映像に参加することが多いです。もちろん大学生しかいないので役柄や年代が合わないこともあります。その時は必要に応じて外部から役者さんを招いて撮影を行います。役者といってもセリフのある役者やMVなどに出る被写体としての役者など様々です。演劇などでの役者の経験のある人もいますが未経験で参加してみて撮影を重ねていくうちにスキルを上げていく人もいます。役者無くして映画は作れません。あなたの持つ唯一無二の雰囲気を魅せて欲しいです。

11.おわりに

最初にも書いた通り鵺の入会者の大半は初心者です。
撮影の中で技術や知識を得ていき段々とその役割を覚えていきます。
一つの役職にこだわることなく様々な役職を兼任することもできます。
気負わずに経験してみることが第一です。
今回書いた役職がすべて、というわけでもありません。
これを読んで映像制作についてもっと知りたくなった方は是非鵺へ!
何度でも言いますが初心者大歓迎です!

投稿団体プロフィール

映像集団鵺
映像集団鵺
映画が好き、映画を作ってみたい、カメラが好き、演技をしたい、編集をしたい、サントラを作りたい…
あなたのしたい、知りたい、やってみたいを映像集団鵺で叶えてみませんか?
映像集団鵺(ぬえ)は主に自主制作映画・MV制作・サントラ制作・映画鑑賞を行っているサークルです。
昨年度は1~4年生で8本の映画と2本のMVを制作しました。
週二回の会議、各企画の映画撮影、不定期ですが、映画鑑賞会も行っています(全て参加自由)。
カメラや編集、映画制作について一から学ぶことができます。
経験者、初心者問わず、映像集団鵺は新たな個性・技術・仲間を待っています!
入会費・年会費0円!初心者大歓迎!
映像集団鵺へどうぞ!
報告する

関連記事一覧