Compass決勝戦、開催!!

Compass決勝戦、開催!!

Compass決勝戦が開催されました!

4月17日土曜日、マー研の活動の中でも大きなイベントである、【Compass】の決勝戦が開催されました!((´∀`))

そこで!
今回は、Compassとは何かや、今年のCompassの内容などについて、詳しく説明していきます!

そもそもCompassとは?

Compassとは、一言で表すと「早慶明合同ビジネスコンテスト」です!

早稲田大学、慶應大学、明治大学それぞれのマー研が、学生目線で考えた新商品や企画を企業へ提案し、その完成度と新規性を競います。

Compassは
・学生だからこそ気づける素朴な疑問を企画に変えることができる
・自分たちの力で0から1を作る難しさや楽しさを実感することができる
といった特徴があります。

Compassのこれまでの歩み

Compassは2011年から始まりました。

歴代で、JTBやドクターシーラボ、サッポロビール株式会社、大正製薬、ピップ株式会社、JALといった多くの企業の方々(敬称略)に、協力をいただいています!

年によって、与えられる課題や採点方法も様々です。

例えば、2016年、サッポロビール株式会社様からは「20代のビールおよび酒類に対する需要喚起を考える」という課題が与えられ、「実現可能性50点、自社理解10点、プレゼンテーション20点、独創性・新規性20点 計100点」という採点方法で採点されました。
対して2019年はJAL様からは「スポーツ共産の効果的なプロモーション案や代替案を考える」という課題が与えられ、「企画性5点、新規性5点、独自性5点、実用性5点、コスト5点、の25点×4人の審査員 計100点」という採点方法でした。

昨年度は明治大学のマー研がCompassで優勝し、実際にピップ株式会社様と共同で商品を開発する、という事が実現されました!

Compass2020について

2020年度のCompassは、フジテレビジョン様が課題提供企業で、「フジテレビューを週に一度は使いたくなる企画を考える」という課題が与えられました。

1チーム4人から6人ほどでチームを作り、優勝を目指して話し合いを進めます。

スケジュールは以下のように行われました。

1月…出場メンバーの募集 (Compassはマー研の部員全員強制参加ではなく、希望の人のみの参加となります!)

2月上旬…キックオフ (企業の発表や、課題の提示が行われます!)

3月中旬…学内選考の実施 (以下で詳しく説明します!)

4月中旬…Compass決勝戦の開催 (以下で詳しく説明します!)

2020年度のCompassは、新型コロナウイルスの影響もあり、例年とは開催時期や開催内容が異なっていましたが、内容は例年に劣らず(…それ以上⁉)、とても濃いものとなりました!

Compass学内選考

Compass学内選考とは、大学の威信をかけて決勝戦に優秀なチームを選考するため、各大学内で行われるものです!

例年は企業の担当者様が直接決勝戦に進出するチームを決定していたのですが、今年は例年と異なり各大学でそれぞれ自由な選考方法の元、行われました。

明治大学マー研では、歴代のマー研の先輩方(OB、OGの方々)が審査員となり、優秀なチームを選考してくださいました!

学内選考が行われる前にも、各班に対してマー研OB、OGの方々からフィードバックを頂ける機会があり、学びの多い時間となりました。

Compass決勝戦

今年のCompass決勝戦はオンラインで開催されました!
(決勝戦出場者以外も、YouTubeで視聴できたため、新入生からOBOGの方まで幅広く視聴できました。)

発表時間15分、質疑応答10分、グループの入れ替え時間5分、計30分/1班×6班(早慶明各2班ずつ)で行われます。

明治大学マー研からは、Compass学内選考で優秀だった

・ツナマヨ
・猫の手も借りたい点P。

の、2チームが出場しました。

そしてなんと…!!!!

猫の手も借りたい点P。が準優勝を勝ち取りました!!!

本当におめでとうございます!!!!!

今年のCompassは、審査員の方々や明治大学マー研の特別顧問である久保田さんからも、レベルが高く、良い発表だったとお褒めの言葉を頂きました!

さいごに

ここまでCompassの記事を読んでくださり、ありがとうございました!

来年度も再来年度も、Compassは開催されます!
今回の記事を読んで、少しでもCompassやマー研の内容に興味を持ってくださった方!!
是非マー研で、楽しく、成長の多い時間をおくりませんか?

Compassへの参加も、お待ちしております!!

報告する

関連記事一覧